シエンタ車検の話 シエンタ情報局ホーム
シエンタ情報局ホーム >シエンタ車検の話

すっかり書き忘れていたシエンタの車検の話です。


基本的に我が家の場合、何でも安くあげます。

車検も同様です。

ディーラーでは車検を受けません。
車検の考え方には色々あると思います。

それを議論したくありません。

我が家の場合車検は安くなのです。

もちろん、なるべく安く上げたいですが、直すとこがあれば直しますよ。


初回の車検の話です。

新車から1回目の車検はほとんど直すことはないし整備もいらないと思います。


だからユーザー車検もありでしょう。

しかし、ユーザー車検はちょっとね、面倒ですよね。

初回で一番安いのは私が調べた結果はコバックのスーパークイック車検です。

スーパークイック車検は割引がありませんが、本当に安いです。
でも、本当に車検に通すだけです。

整備や調整、安心点検もありません。

点検や整備をして欲しいとなるとコバックの場合その上のスーパーテクノ車検やスーパー
セーフティ車検になります。


しかし、我が家が選んだのは前川自動車のクリア車検です。

シエンタの前の車の時から利用しています。

ここの車検は見ていて面白いのです。

こちらの車検は点検している様子がラインの横から見れます。

また、部品の状態も説明してくれ、その説明がとっても良いのです。

今回の担当者はいささかアクションが弱かったですが、それでも見ていて気持ちがいい。

3人1組で点検していくのですが、1人が『右ブレーキパット、厚み9ミリ、異常なし』と言えば
もう1人が記入しながら、『右ブレーキパット、厚み9ミリ、異常なし』と復唱していきます。

ブレーキオイルの沸点も測定してくれ沸点で交換時期を出してくれます。
*↑注意、これは廃止されたようです。
これ良かったんですけどね。

おそらくはじめて体験したら、きっとびっくりすると思います。
(特に元気の良い担当者の場合)

そんなこんなで、我が家のシエンタはワイパーゴム右側(切れていた)
ブレーキオイル交換(新品は沸点240℃で今回180℃でまだ大丈夫なのですが、
貰い物があったので交換しました。)
発炎筒を交換(2004年まで)する事になりました。

早期割引やネット割引、初回割引等を使い、上記を交換し、リサイクル料金を支払って96042円です。

ディーラーで車検をするよりだいぶ安いと思います。

そんなわけで我が家のシエンタはその後の車検もクリア車検を利用していました。

ところが、だんだんとクリア車検も変わってきました。

とても良かった、点検の仕方もだんだんアクションが簡素化されていきました。

ブレーキオイルの沸点も調べなくなり、時期で交換になりました。


そして、何より、車検と直接関係無いのかもしれませんが、3回目の車検に出した後CVTの調子が
悪くなりました。

ディーラーで確認するとCVTが駄目になりかかっているそうです。

CVTオイルは交換していませんし、車検は関係無いでしょう。

しかし、何となく嫌ですよね。

なので、次回のシエンタの車検は↓もありかなと思っています。


シエンタ情報局ホームへ
このサイトはリンクフリーです。 CopyRight(c)2004 まこ福 10sen@mail.goo.ne.jp
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー